社員紹介Staff

私たちだから出来る会計サービス。今の仕事に「誇り」を持ってます。私たちだから出来る会計サービス。今の仕事に「誇り」を持ってます。
木下 彰久 2015年 中途入社・
会計コンサルタント
Career これまでのキャリア
大学卒業 公認会計士資格の勉強
(会計士・2年)個人会計事務所(会計士・2年)中央会計(会計コンサルタント)
Career これまでのキャリア
  • 大学卒業
  • 公認会計士資格の勉強(会計士・2年)
  • 個人会計事務所(会計士・2年)
  • 中央会計(会計コンサルタント)

これまで働いてきた会計事務所と比べると?これまで働いてきた会計事務所と比べると?

01

これからの「企業像」を
数字から読み取る

お客様の今の数字をただ洗い出すだけではなく、未来の数字を読み取るスキルが必要です。これまでは税金いくら収めてくださいと言うだけだった仕事が、給料や役員報酬まで決定し、どういった経営戦略を立てるかまで一緒に決めていく。入社前から、中央会計では”会計コンサルタント”として働くという話は聞いていましたが、その業務幅の違いには驚くばかりです。目先の利益だけではなく、 お客様(会社)のためになることを突き詰めることが第一優先なんです。

中央会計の魅力はどんなところ?中央会計の魅力はどんなところ?

02

「お客様に役立つためのアンテナ」の高さ

毎月一度行われるマンスリーパーティーではお店を貸切り、パーティーが行われます。 これは普通の飲み会ではなく、普段どうしてもおろそかになる社員同士の情報共有がメイン。今月契約したお客様の紹介や、いま会社で取り組んでいることに対してのプレゼンテーションが行われます。 会社全体の動きはここで把握できますし、先輩や同僚の話もじっくり聞けます。お客様の経営に役立つものであれば、なんでもとりいれる周囲の姿勢にはいつも感服します。こういった全体のコミュニケーションは他の事務所には無いポイントですね。

未来に向けてやりたいことは?未来に向けてやりたいことは?

03

自分も後輩も「誇り」を持てる会社へ

マネジメントに関わっていきたいです。今とは180°変化し、求められることは確実に高くなります。記帳や税法の改定などはAIに任せることは必須。だからこそ人間だけが出来る会計サービスが必要です。サービス内容は少しずつ変化しますが、中央会計がお客様(経営者)の発展に役立つために存在する、という軸だけは絶対ブレない。私自身もそういった想いや、会社への誇りを先輩から引き継いでいるので、中央会計で働くことに同じ感覚を持ってもらえる後輩を育てていきたいです。