社員紹介Staff

具体的なキャリアパスが描ける。未来の目標が定まってきました。具体的なキャリアパスが描ける。未来の目標が定まってきました。
加川 広大 2014年 中途入社・会計コンサルタント
Career これまでのキャリア
鉄鋼会社(2年半)コンピューター系の会社 (エンジニア・6年)個人会計事務所(4年)中央会計(会計コンサルタント)
Career これまでのキャリア
  • 鉄鋼会社(2年半)
  • コンピューター系の会社(エンジニア・6年)
  • 個人会計事務所(4年)
  • 中央会計(会計コンサルタント)

これまで働いてきた会計事務所と比べると?これまで働いてきた会計事務所と比べると?

01

圧倒的な、お客様からの「信頼感」

これまでと圧倒的に違うことは、お客様が会社を永く存続出来るために仕事をすること。 そのためにも、業務幅はとても広いです。これまではお客様から質問されることは珍しいケースでしたが、 中央会計では毎日のように質問があります。時には税務を飛び越え、PCの使い方、法律のこと、他社との契約書を確認したり(司法書士の仕事のような)笑。そういった幅広い知見もあって、お客様には信頼を頂いています。いかに税金を減らすために、僕たちは仕事をしているわけではない、と改めて学びましたね。

中央会計の魅力はどんなところ?中央会計の魅力はどんなところ?

02

「キャリアを見据えたプラン」が立てられる

お給料が高いところ。以前のエンジニア時代よりも上がりました。昇格に関しても、ジュニア→シニア→マネージャーとキャリアアップするための中央会計独自の試験があって、給料にしっかり紐付いています。試験を受けるには、売上やお客様の紹介件数など様々なラインが引かれていて、なかなか厳しく幅広い内容の試験ですが、明確でとてもいい制度だと思います。福利厚生では、1週間強制で休みを取得できる「長期休暇制度」がいいですね。強制なのでみんな使いますし、旅行に行ってリフレッシュしています。

未来に向けてやりたいことは?未来に向けてやりたいことは?

03

「人間」だからこそできることを見定めたい

会計をみて数字を出すこと、税務署への提出(申告)の手伝い、はどこもやっていること。また、税率・税金の出し方が変わったり、新しい法律ができたり、と人間なら大変ですが、AIはそこが得意分野。会計事務所は減少し、会計システムは向上します。申告や会計業務は経営者自身ですべてできる形になります。システム化で奪われた"人間の手間暇”や、AIでは対応できない”コミュニケーション”の力を上手く見定めて、スキルアップしていきたいですね。