中央会計の
オリジナル制度・行事Guideline

中央会計では、同業界にはもちろん、他社にはなかなかないオリジナルの制度や行事がたくさん存在します。中央会計では、同業界にはもちろん、他社にはなかなかないオリジナルの制度や行事がたくさん存在します。

私たちの企業理念である「お客様の倒産・廃業・淘汰を断固阻止し、お客様の成長と発展に役立つサービスを提供することで日本経済に貢献します。」を実現するため、明確な評価基準や充実した教育制度、その他様々な福利厚生を揃え、最前線で働く社員が働きやすい環境や制度を整えています。

  • 01 評価制度01 評価制度
  • 02 教育制度02 教育制度
  • 03 報酬・報奨03 報酬・報奨
  • 04 その他制度04 その他制度
01

中央会計の評価制度明確な評価の仕組みと、適切な情報公開のもとで運用することで、
透明性の高い人事マネジメント体制をつくっています。

定性・定量評価

定性・定量評価

数値の変化に着目する「定量評価」と、
数値で表せない「定性評価」の二軸で評価します。

  • ・定量評価:営業力、処理力、CS力
  • ・定性評価:基礎力、サービス提供力、サポート力、想像/企画力
  • ランチMTG月に一度、自分が選んだ役員・マネージャーとランチができる制度です。
  • 年間目標シート年始に、その年の半年目標と1年目標を設定。半年に一度の評価面談で見直しをします。
  • MVP制度総会でのMVP受賞者には海外旅行をプレゼント!今期は、MIT(マサチューセッツ工科大学)の起業家育成コースへ?
  • 360度評価社長・役員からの評価ではなく、社員全員から評価を受ける。逆に言うと、自らも上司から同僚までを評価する制度。
02

中央会計の教育制度「学ぶこと」を忘れないのが中央会計。
AIに仕事を獲られない部分を伸ばしていこうと考えています。

新入社員入社前研修制度

新入社員 入社前研修制度

新入社員で知識がまだ足りない方には、入社前の在学中に、実務で使う「簿記」と「税法」を専門学校で一通り学んで頂きます。

  • 大学院授業料 貸付制度入社2年経過後から利用できる大学院進学のための学費の無利息の貸付制度。
  • マネージャー研修外部の講師を招いて、マネージャーとは?を深く理解し、実務上のマネージメントについても研修を通して解決できる制度。
  • 社内・外研修税法・会計だけじゃなく、マーケティングや起業などについて、興味があれば業務時間中でも会社が負担し参加可能。
  • 資格取得 支援制度税理士資格、科目合格、公認会計士資格など、資格取得のために専門学校・大学院に通学する場合は17時30分に帰社できる制度。
03

中央会計の報酬・報奨会社に利益をもたらす、新しいサービスのアイデアを出す、など貢献すればするほど、
しっかりと報酬として還元されるのが中央会計です。

増額報酬

増額報酬

お客様の月額報酬見直しにより増額となった場合は、2ヶ月分の月額報酬を頂いた時点で増額分の2ヶ月分を報償として支給します。

  • 人材紹介制度ご紹介によって友人・お知り合いの方が中央会計に入社された場合、紹介者に最高20万円が支給されます。
  • アイデア報酬半期ごとに顧客サービスのアイデアを社内で募って審査。役員ではなく、マネージャー陣の審査により、年間110万円の予算を優秀なアイデアを出した社員で山分けします。※2016年度実績
  • 契約報酬お客様と新規契約し2ヶ月分の顧問報酬を頂いた時点で、顧問報酬の2ヵ月分を報奨(情報入手者1ヶ月分・契約者1ヶ月分)として支給します。
  • 決算賞与年始に設定した目標利益を超える額の50%を期末に社員へ支給しています。
04

中央会計のその他制度社員の健康管理や老後の財産形成まで、
まだまだ紹介しきれない制度がたくさんあります。

退職金制度

退職金制度

中小企業退職金共済に加入しています。勤続年数に応じて、最大の掛け金は月額20000円です。

  • 持株会制度退職時に時価による買戻しを行います。毎期利益は出ているので中央会計の株価は上昇中です!
  • マンスリーパーティー月1回は全員で食事をとりながら、お客様の情報共有&社員交流&優秀者(報償あり)の発表を行います!
  • 長期休暇制度年に1回は強制的に連続で有給を取得してもらう制度。仕事をしっかり回してくれれば、2回とっても5日以上でもOKです。
  • 慰安旅行採用・教育関係の目標に対して、クリアしたら海外へ慰安旅行に行きます!